本専攻は、医療現場等における臨床検査の責任と役割を理解し、日々進歩する高度先端的な技術に対応できる臨床検査技師の育成を目指しています。

現在の臨床検査は、病院での疾病診断の補助のみならず、病気の早期発見や再発予防など予防医学の観点からも重要な役割を果たすようになっています。そのため臨床検査技師の活躍の場は、病院のみならず検査センターや健診センター、保健所、治験関連企業などにも拡がっています。

そこで、本専攻では、
①広い視野をもった豊かな人間性を備え、人間の尊厳を核とした医療人にふさわしい倫理観
②臨床検査に必要となる基礎知識と技術を体系的に修得し、それを基盤として検査データを科学的に捉え、主体性をもって理論的かつ総合的に解析できる能力
③臨床検査技師の使命と役割を理解し、多様な人々と連携して医療に貢献できる能力
④グローバルな視点に立って人々の健康を捉え、検査技術を駆使して持続的に社会へ貢献できる能力
の4つの能力をもち、地域に貢献できる臨床検査技師の育成を目指しています。

専攻の特色
1
医療現場等における
臨床検査の知識と技能を
修得したスペシャリスト
の育成
2
日々進歩する
高度先端的な
臨床検査技術に
対応できる専門教育
3
医療関連分野に限らず、
様々な分野で
社会貢献できる
能力の育成
専攻長からの
メッセージ
専攻長 廣渡 祐史 教授

在学生からのメッセージ

在学生からのメッセージ
検査技術科学専攻イメージ 検査技術科学専攻イメージ

取得できる免許・資格の合格率

卒業要件を満たすと取得

臨床検査技師国家試験の受験資格

臨床検査技師国家試験合格率 2020年度

選択可能な資格・免許

健康食品管理士認定試験の受験資格

卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ
卒業生からのメッセージ