健康情報学専攻イメージ動画

誰もが健康が大事だと言います。でも健康っていったい何でしょうか?健康に生きるとは、何かの基準値に収まることではありません。むしろ私たちは、誰もがその人らしい生、すなわちLIFE(生命、生活、そして人生)を追求する営みだと考えます。どんな人も幸せに生きられる社会を実現するために、幅広い知識とそれを使いこなすための基礎力を備えた人が求められています。そんな要請に応えて生まれたのが、健康情報学専攻です。

本専攻では、健康に関する多様なテーマに対応し、異なる分野の人と対話できるジェネラリストを育てます。既存の分野にとらわれない専攻だからこそ、私たちは変わらない教養を重視します。つまり現実を見渡して、的確に切り取る知のフレームです。疑問があれば検索し、一瞬で「答え」を得られる時代です。でも飛び交う健康情報の中で、何が正しくて何が間違いか、判断するのが大変です。そんな今、的確に情報を読み解き、納得いくまで考えて消化し、自分の言葉でわかりやすく伝える、そんな基本に戻ることが大事だとみな気づき始めているのです。

健康情報学はまだ新しい分野ですが、ここには、いろんな経験の掛け算で生まれる知があります。たくさん試行錯誤して、たくさん問いかけてください。4年間一緒に学んでみませんか。

専攻の特色
1
既存の分野の枠を超え、
人々の健康に貢献する
リーダーの育成
2
健康を多方面に
捉えるための普遍的な
教養とリテラシー
3
自ら問いを立て
解決する力を育む、
少人数のゼミ教育
学科長からの
メッセージ
学科長 廣渡 祐史 教授
専攻長からの
メッセージ
専攻長 大木 いずみ 教授
  • データ活用で未来の社会の健康を共に創る
  • 専攻長 大木 いずみ 教授
  • 現代の保健医療のニーズは急速な変化の中にあります。高度化・専門化するだけでなく、多様化・複雑化しています。健康行動科学専攻では、資格をとって専門分野を極めるスペシャリストに対して、幅広く多角的に対応するジェネラリストとして様々な職種との調整や連携を目指し課題の解決にアプローチします。「文系」「理系」という学問的区分にとらわれず、「文理融合」として横断的な知識と発想で学ぶことができます。
    健康行動科学専攻では、一つの専門領域に限定せず、広く健康にかかわる人材を養成します。この専攻で学んだことを生かして、人が健康に生きる未来の社会を一緒に創っていきませんか。

在学生からのメッセージ

在学生からのメッセージ
健康行動科学専攻イメージ 健康行動科学専攻イメージ

進路分野

保健師国家試験合格率 2020年度

※2025年度入学生より、養護教諭一種免許状は取得できなくなります。

主な就職先・進学先はこちら