作業療法士は、からだやこころの不調などによって毎日の生活に困難を感じているあらゆる人に関わり、子どもから大人まで、それぞれの生活の場でその人らしい生き方ができるように支援します。

本学では1年次より毎年、臨地実習の機会を設けながら、医学的知識や作業療法に必要な専門知識・技術を講義や学内実習、eラーニングなどで学びます。特に4年次には様々な分野の病院や施設で、実践的な作業療法を経験します。さらに、国内・外で活躍する作業療法士を招き、新しい作業療法の可能性を学び展開できる場を提供しています。

作業療法士の仕事は、病院における急性期・回復期から、施設や地域・在宅における生活期のリハビリテーション活動まで幅広い対応が必要になります。そのため、科学的、分析的な思考能力と創造性及び柔軟性を養い、生活を科学するエキスパートとして問題を解決できる能力と行動力及び国際的な視野を備えた作業療法士を育成します。

学科の特色
1

その人らしい生き方を
支援する作業療法
2

充実した学習環境と
豊富な実習
3

生活を科学する
エキスパートを育成
学科長からの
メッセージ
学科長 川俣 実 教授

在学生からのメッセージ

在学生からのメッセージ
作業療法学科イメージ 作業療法学科イメージ

取得できる免許・資格の合格率

卒業要件を満たすと取得

作業療法士国家試験の受験資格

作業療法士国家試験合格率 2020年度

卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ
卒業生からのメッセージ