口腔に対する関心は高まりつつありますが、多くの人々がむし歯や歯周病により、80歳を迎える頃には20本近くの歯を失い、日常生活に支障を来しています。

歯科疾患の予防処置、歯科診療の補助、口腔保健指導を業務とする歯科衛生士の需要は以前にも増して高く、心身の健康や健康に関わる課題を把握し、多職種との連携をとりながら、質の高い活動を推進する能力が求められています。

当専攻では、健康行動科学専攻及び検査技術科学専攻と共に、共通基盤である生命科学を学び、広い視点から健康を追求する中で、口腔領域から健康を推進するプロフェッショナルを育成します。

カリキュラムは、社会のニーズに対応できるよう、口腔疾患への理解と口腔保健活動に関する科目を柱とした専門科目を配置して、高度な口腔保健活動の推進を図っています。

臨地・臨床実習では歯科診療施設から小学校、障害者施設等、多様な機関で実習を行い、実践能力の向上を目指します。

専攻の特色
1
口腔領域から全身の
健康を総合的に推進する
プロフェッショナリズム
教育
2
医療機関や保健センター
など、保健・医療・福祉
関連機関での活躍に必要な
多職種間連携能力の育成
3
選択により養護教諭免許
も取得可能な
歯科衛生士養成機関
専攻長からの
メッセージ
専攻長 吉田 隆 教授

在学生からのメッセージ

在学生からのメッセージ
口腔保健科学専攻 口腔保健科学専攻

取得できる免許・資格の合格率

卒業要件を満たすと取得

歯科衛生士国家試験の受験資格

歯科衛生士国家試験合格率 2020年度

選択可能な資格・免許

養護教諭一種免許状

卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ