理学療法士(Physical Therapist : PT)は、全人的・総合的リハビリテーションを支える専門職の一つです。

理学療法は心身の機能を科学的に分析し、主に身体的な機能を改善し、障害を予防・軽減する治療分野です。たとえば「運動療法」は、運動生理学や各種理論に基づくトレーニングなどを行い、「物理療法」では赤外線やレーザーなどの光線、超音波等を用います。また義肢や装具を装着し、日常生活に必要な基本的動作の練習も行います。デイケアや訪問リハビリテーション、福祉用具の開発や住宅改修など環境整備にも関わり、医療のみならず保健や福祉の広範囲な領域で重要な役割を担っています。本学科では、医学をはじめとする科学的な知識・技術に基づき心のこもった理学療法を実施できる専門家を育成します。そのため、自ら考え行動しようとする学習意欲の高い学生を求めます。具体的に、①健康・疾病に関心を持ち、保健医療福祉分野に貢献する意思のある人、②協調性に富む人、③理学療法分野で将来、臨床や研究の場で活躍したい人を歓迎します。入学後は、①基本的人権を尊重して行動できる豊かな人間性と倫理性を養う、②人間を身体・精神・社会的側面から総合的に理解し、理学療法評価の結果から目標を設定し、実践的理学療法に必要な知識、技術を修得する、③医療施設に加えて地域リハビリテーションの中の理学療法の知識、技術を修得し、保健・医療・福祉の各領域の専門職や地域住民と連携、協力して理学療法を実践する、④理学療法に関する科学的研究の実践能力を修得する、⑤国際化に対応した幅広い視野で行動する、以上を教育目標として取り組んでいきます。

学科の特色
1
障害を全人的・総合的に
治療するための最先端リハ
ビリテーションを学ぶ
2
運動生理学や物理療法
などの科学的知識や
治療法を身に付け、
理学療法を極める
3
医療現場を超えて保健や
福祉など幅広い分野で
重要な役割を
担える教育
学科長からの
メッセージ
学科長 原 和彦 教授

在学生からのメッセージ

在学生からのメッセージ
理学療法学科イメージ 理学療法学科イメージ

取得できる免許・資格の合格率

卒業要件を満たすと取得

理学療法士国家試験の受験資格

理学療法士国家試験合格率 2020年度

卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ